読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tôkai🌠という片隅

東海地方田舎に住む20代ゲイが音楽や旅行、持病の脊柱側弯症、人生観のことなど日々感じたことを書いてゆきます

脊柱側弯症のこと(手術当日~地獄のICUに泊まる)

10月24日(月)。

ついに手術当日。

朝には、両親が到着し、手術予定時間を少し遅れて、

10時30分から手術となりました。

朝に浣腸をし、点滴を一本打ち、手術着(あの青いやつ)に着替えて

手術室へ。。。

 

身体は元気なのに、ストレッチャーで運ばれる感じはかなり異様。

 

手術室でミスチルの曲(知らない歌だったけど櫻井さんの声だった)が流れているのが印象的で。母が主治医のことを「櫻井さんをイケメンにした感じ」と評していたことが伝わったのか?とどうでもいい妄想をしながら、

麻酔を口から吸わせられ、あとはもう意識がありません(笑)

 

気づいたときにはICU。

手術時間は10時30分から16時半ごろ。計6時間でした。

母曰く、朦朧した様子が続いていたみたいでしたが、

とにかく「腹減った~なんか食べたい~飲みたい~~」と言ってたらしい(笑)

気づいた時には朝にはいなかった姉がかけつけて、

目が覚めたのを覚えてます。

 

あ、そういえば、手術は無事成功とのこと。貯血は200mlくらい余って

途中で戻されました。

その夜は一晩ICUで過ごしたものの30分から1時間おきに看護師が

体位移動や点滴交換?等で起こされる始末…。

空腹状態だったのに嘔吐が止まらず、出した液が赤褐色だったのを見て驚きました。

 

途中からお茶が飲めるようになってきて

朝になり、装具を作るための採寸場に移動、、、のはずだったのです…が。(次記事に続く)